50代 女性 デスクワーク

右肩甲骨周囲の違和感と右肩の痛み。右肩を後ろに回した時に、ゴリッとした音が鳴る。荷物を持つ時は、ほぼ利き手の右を使い、以前より肩に痛みや疲れを感じることが多かった。

♦状態・検査

右肩があがり、左右の肩の高さが違っている。さらに右肩はやや前側に巻き込んでいる状態。首を左側に倒した時に、右の首~肩にかけて筋肉の緊張がみられる。肩を回した時に鳴る音は、肩の関節が周囲の筋肉の緊張により、前側に引っ張られているため、スムーズに動いていないのが原因かと思われる。

♦治療

すくんだような姿勢で凝り固まっている右側の肩を基の位置に戻していくために、肩・肩甲骨・背中の筋肉を緩めていく。肩の巻き込みを改善させていくため、前側の肩周りの筋肉の緊張にも鍼施術を行う。痛みを回避した姿勢を取り続けたせいか、左に比べ右の首や腰にも緊張が出ているので、併せてコリを緩めていく。
週1の治療を5回程行い、まだ関節の音が鳴ることはあるが頻度は減っており、痛みがなくなってきた。来院の回数を2週間に1回のペースに変更し、家でも肩周りをほぐす体操をしてもらい、現在も治療を継続中。

♦コメント

在宅ワークが続き、机と椅子の高さが合っていない状態で仕事を続けていた為に起きた症状だと思われます。極端に外出する機会や身体を動かす機会が減ると、使う筋肉と使わない筋肉がはっきりと現れ、原因は同じ長時間の同一姿勢だったとしても、いつもと違う症状が現れることがあります。適度な運動やストレッチで、肩甲骨を動かすことが予防には有効です。